スピリチュアルとは

スピリチュアルは日本語で「精神的な」「霊的な」「神聖な」という意味があります。

最近ではテレビ番組や雑誌、書籍などの影響から、心霊や占い、人生相談などの広い意味で使われるようになっています。

近年、世界保健機構WHOによる健康の定義に「スピリチュアル」という言葉を取り入れるかどうかが議論になりました。

スピリチュアルな考え方な国際的に認められつつあるといえるでしょう。

医学分野の一つホリスティック医学では、霊的な側面を含め、あらゆる視点から健康を考える医療として重視されています。

スピリチュアルな医療として、スピリチュアル・ケア、スピリチュアル・ヒーリングなどが挙げられます。

スピリチュアル・ヒーリングでは、人間は霊、霊体、肉体の三つから成り、これらのバランスが崩れることが病気の原因であると考えられています。

また、それとは別に、「カルマ」という前世の間違った行為によって起こる病気もあると考えられています。

「カルマ」が原因でなる病気は、本人が病気を乗り越える他に治す方法はなく、「霊」と「肉体」とのバランスによって起こる病気の場合は、霊的エネルギーを活性化させるための治療が行われます。

現在ホリスティック医学への関心は高まっていますが、まだ日本ではスピリチュアルに否定的な医師が多いのが現状です。

その一方で、現代の西洋医学による医療に限界を感じ、スピリチュアルな医療に望みを託す人々も少なくありません。