世界

これまでスピリチュアルという言葉は占いや宗教用語の一つと捉えられることも多く、その本来の意味はあまり知られていませんでした。しかし近年、医療の在り方が見直される中、スピリチュアルが医学の一つとして認められるかどうか、世界の関心が高まっています。
1998年に世界保健機構(WHO)は「健康の定義」の中に、「霊的」すなわち「スピリチュアル」な表現を加えた改正案を打ち出しました。日本は当時この改正案に対し棄権票を投じ、判断を保留しています。これは日本がまだ医療の現場において、健康とスピリチュアルとの関連性において、結論が急がれていないという状況を表していると言えます。
それ以前の1948年にも、WHOが健康の定義を決定する際に「霊的な」という表現が原案に盛り込まれていたように、世界的にスピリチュアルと健康の関わりは考慮されていました。しかしある国家集団の反論を受けたことによって、この原案は削除されてしまったのです。
こういったことからも分るように、人間の健康に関わるスピリチュアルは、長い間世界の国家の間で課題となってきたのです。
欧米ではスピリチュアル治療への関心が高く、特定の宗教家だけではなく、医学者や科学家、政治家などあらゆる立場の人がスピリチュアルについて論じています。
日本でも最近では末期がんの患者に対して行われるケアとして「スピリチュアル・ケア」が取り入れられ、人生の意味や目的、価値を高める医療として重視されつつあります。
今後ホリスティック医学におけるスピリチュアルは、ますます世界の人々の関心を集めることでしょう。