医師

ホリスティック医学の中でも特に人々の関心の高い分野にスピリチュアルがあげられます。
スピリチュアルな医学はまだ日本では馴染みの薄いものですが、ヒーリング治療や終末期医療などではすでにその効果が認められつつあります。
スピリチュアルな医学を受けるために重要なことは、スピリチュアルに理解のある医師を見つけることです。理解のある医師のもとで、西洋医学とスピリチュアルを上手く併用した適切な治療方法を選択することが、最も治療効果を高めることができると考えられます。
現在、西洋医学による治療に限界を感じている医師は増えていますが、残念なことにそういった医師の多くはスピリチュアルに否定的な見解を持ち、理解を示す医師が少ないというのが現状です。
欧米ではホリスティック医学は代替医療と呼ばれ、医療の現場でも普及しています。そして有名大学でのカリキュラムに取り入れられるなど、将来の代替医療を担う医師の育成にも力をいれています。また同様にスピリチュアルな分野の研究も進められており、スピリチュアルは医学として認められつつあります。例えば西洋医学の医師が患者にスピリチュアル・ヒーリングを勧め、健康保険が適用される国もあります。
日本でも近年ホリスティック医学の重要性が認められるようになりましたが、さまざま面で欧米に大きく遅れをとっているのが現状です。
今後、日本でもスピリチュアルの研究が進められて、医学としてのスピリチュアルに理解を示す医師が増えることが期待されます。