歴史

近年ホリスティック医学の普及に伴い、日本でも急速に注目を集めるようになったスピリチュアルですが、スピリチュアルにはとても長い歴史があります。
スピリチュアルな存在が初めて世の中に出現したのは1848年、アメリカで起きたフォックス事件だと言われています。
この事件はフォックス夫妻とその2人の娘が、夜になると聞こえる不思議な物音をきっかけに、霊と交信することができるようになるのです。娘の一人が面白がって霊に向かって「まねをしてごらん」と指を鳴らすと同じ数だけ叩く音が聞こえ、同じように夫や夫人が質問すると、音の回数で答えが返ってきます。「あなたは霊ですか」という質問をすると、正しいという答えが音によって返ってきたのです。
この出来事によって、ある人物の霊がこの家に居るということが分かり、この事件は当時アメリカや他の国へも伝わり反響を呼びました。
この事件は霊や霊能者の存在を明らかにし、心霊科学などの研究が進められるようになったことから、近代のスピリチュアルの原点だと言われています。
1930年以降はこういった心霊現象が減少しました。そして科学が急速に発達したこともあり、人々のスピリチュアルへの関心は次第に薄らいでいきました。しかし、一方でスピリチュアル・ヒーリングといわれる霊医による治療が行われるようになりました。これはヒーラーと霊医によって病気の治療が行われるものです。病気の治療を通じて「霊的真理」の正当性を証明し、患者の霊的成長を促します。
近年ではWHOの「健康の定義」の改正案にスピリチュアルな表現が含まれるように、スピリチュアルと人間の健康との関わりが認められつつあります。
また、ホリスティック医学の重要性が高まる中、医学としてのスピリチュアルにも関心が高まっています。