イギリス

日本でも近年になりホリスティック医学へ関心を寄せる人が増えていますが、日本に先駆けてアメリカやイギリスなどでは、既にホリスティック医学やさまざまな代替医療が積極的に医療の現場に取り入れられています。
代替医療の一つにヒーリングと呼ばれるものがあります。ヒーリングはアメリカやカナダではがん治療に用いられ、多くの看護師がヒーリング技術を習得しているというほど普及している医療です。
さまざまなヒーリングの中でも霊的なエネルギーを借りて行うものをスピリチュアル・ヒーリングと呼びます。
もともとスピリチュアル・ヒーリングは今から50年ほど前に、イギリスの王室主事医と言われたハリー・エドワーズから始まったと言われています。彼は不治の病の人や医者に見離された人の多くをスピリチュアル・ヒーリングによって救ったと言われています。そのスピリチュアル・ヒーリングの効果は一般国民だけでなく、王室や教会の神父が信頼を集めるほどであったということです。
イギリスでは現在でもスピリチュアル・ヒーリングの研究が最も進んでおり、まだ科学的な検証が乏しいにも関わらず、経験的に国民にその効果が認知されています。国家によるライセンス制度も整っており、国家ライセンスを取得しなければヒーラーとして治療に当たることはできません。
また、イギリスではヒーリングが健康保険の対象になっており、西洋医療とヒーリングを組み合わせて治療が行われることもよくあります。