日本

スピリチュアルな側面から病気の治療を行う方法として、スピリチュアル・ヒーリングがあります。
スピリチュアル・ヒーリングはもともとイギリスで始まった医療ですが、現在イギリスではスピリチュアル・ヒーラーは国家資格として認められ、その治療には健康保険が適用されるというほど、国民に浸透している治療方法の一つです。
最近では日本でも雑誌やテレビ番組でスピリチュアルという言葉がよく聞かれるようになりました。そしてスピリチュアル・ヒーリングに対する人々の関心も高まっています。
日本でスピリチュアル・ヒーリングが注目を集めているのには、ホリスティック医学への関心が高まっているという背景が一つに考えられます。
明治以降、日本の医療の中心となってきたのは西洋医学でしたが、近年社会問題となっている生活習慣病や精神的な病気では、西洋医学で解決できない問題が多くあります。また生活習慣病の増大に伴い国家の医療費も年々増大し、このままでは日本の財政は破たんすると言われています。
スピリチュアルをはじめとするホリスティック医学は、人間が本来備え持っている自然治癒力を高めることによって病気を予防、治療するものです。医療の在り方が見直されている現在、ホリスティック医学が普及することによって、さまざまな問題が解決されることが期待されています。
日本ではスピリチュアル・ヒーリングへの関心が高まっている反面、スピリチュアルという言葉に対するさまざまな情報があふれ、中には霊感商法や安易な占いなどが増えているというのが現状です。