ハリー・エドワーズ

ホリスティック医学の一つであるスピリチュアル・ヒーリングではヒーラーと呼ばれる治療者によって治療が行われますが、歴史上世界で最も有名なヒーラーといえば、ハリー・エドワーズが挙げられるでしょう。
彼は19世紀のイギリスにおいて、医者に見離された人や、末期がんの患者、不治の病と言われていた人々をスピリチュアル・ヒーリングによって救った医師です。
西洋医学一辺倒であった当時のイギリスにおいて、彼は人間の力では不可能な治療を実現し、一躍注目を集めたのでした。
ハリー・エドワーズは自らの治療を著書の中で「人間ではなく霊界からやってくるもの」と言っています。
彼は治療院での直接的な治療とは別に遠隔治療を行っていましたが、依頼者が絶えず、その忙しさは王室主事医でありながら王女でさえハリー・エドワーズの治療院へわざわざ出向いたと言われるほどです。
ハリー・エドワーズは自らの治療を著書の中で「人間ではなく霊界からやってくるもの」と言っています。当時のハリー・エドワーズの治療風景はテレビ放送やロンドンのアルバートホールで公開され、その奇跡的な治療は人々を感嘆させました。
またハリー・エドワーズは愛情深い人柄で、多くの人々に無償で治療を行ってきたということでも人々を感動させています。彼の著書は今でも多くに人に読まれ、ハリー・エドワーズの精神に感化されてスピリチュアル・ヒーリングに関心を寄せる人もいるほどです。
こういったハリー・エドワーズの人柄と目覚ましい治療実績によって、スピリチュアル・ヒーリングはイギリスにおける重要なホリスティック医学として定着したといえます。