科学的実証

世の中には科学的に解明ができないことがあります。スピリチュアルもその一つといえるでしょう。日本では今スピリチュアルブームの中にあり、最近ではテレビや雑誌でスピリチュアルという言葉が頻繁に聞かれます。
スピリチュアルには「霊的な」という意味がありますが、実際に医学としてのスピリチュアルには「人間の力ではない」という深い意味が含まれています。
イギリスではヒーリングなどで広く知られているスピリチュアルですが、日本ではまだ否定的な医師が少なくありません。
スピリチュアルといえばこれまで霊感商法や安易な占い、いい加減なカウンセリングなどが横行していました。さらに科学的実証がないということからスピリチュアルの信頼は失われ、医師ばかりでなく、一般の人々にもスピリチュアルに否定的な人が多いのだと考えられます。
西洋医学があらゆる病気を解明し、世界でも有数の長寿国となった日本では、科学的な実証があるということは医療の信頼性において重要な条件です。
これからの医療として注目されているホリスティック医学の中で、ハーブ療法や栄養療法などの代替療法では現在厳密な臨床調査が進められているように、近年ホリスティック医学を科学的に実証しようとする動きがあります。
しかし一方では科学的実証は「物質」を対象とする法則性の説明であり、スピリチュアルという物質でない存在は対象とならないと考えもあります。大切なことは科学的実証の有無ではなく、現実に病人を治癒してきたという事実の証明だという考えから、スピリチュアルを求める人が存在するのだと考えられます。