批判

スピリチュアルを題材にしたテレビ番組が放映されるようになり、スピリチュアルの雑誌や本が人気を集めています。今、日本では空前のスピリチュアルブームが起こっているといえます。
一方でスピリチュアルに否定的な人々の間では、人気スピリチュアル・カウンセラーやテレビ番組への批判が絶えなくなっています。
日本ではスピリチュアルブームが起こっているとはいえ、まだスピリチュアルの本当の意味を理解している人はごく少数で、多くの人は宗教の一種だとか、占い、人生相談の一つとしか捉えていないのが実情です。
現在、医療の現場ではこれまでの西洋医学に代わり、ホリスティック医学が注目を集めています。スピリチュアルはホリスティック医学の一つとしても重要な医療です。
かつてスピリチュアルな医療といえば、悪徳商法や不正行為が横行していました。良心的なスピリチュアル治療者は少数で、疑わしい治療者が圧倒的に多いという状況で、被害も後を絶ちませんでした。現在でも低俗な心霊書、不健全でいい加減な予言書が氾濫しているのも事実です。こういったスピリチュアルの悪いイメージのためにスピリチュアル批判が後を絶えないのだと考えられます。
このままの状況が続けば、スピリチュアルが医療として人々に受け入れられることは難しいでしょう。
しかし、実際に多くの病気を治療しているスピリチュアルが人々に理解されないのは残念なことです。良い治療者と治療実績によって本来のスピリチュアル治療の意味を多くの人が理解する日が来ることが望まれています。