がん

ホリスティック医学の中にはがんの治癒に効果的なものが多くあります。中でもスピリチュアルな医療は、過去の有名な医師が末期がん患者を治癒したことでも知られています。
がんは日本の国民病と言われています。昭和56年より現在まで、日本人の死亡原因は「がん」が1位を占めていることからもがん患者の多さが分かるでしょう。
日本では長い間がん治療の研究が進められ、今日ではがん治る病気へと変わりつつあります。
しかし一方でがん患者が年々増加しているというのが現実です。また依然としてがんの発見が遅れ、命を落とすケースが多くあります。こういったことから、医学が飛躍的に進歩した今日でもがんの治癒はとても難しいものであり、近代医学による治療は限界に来ていると考える人が増えています。
そこで人々に求められるものがスピリチュアルな医療です。スピリチュアルな医療としてスピリチュアル・ヒーリングやスピリチュアル・ケアがあります。それぞれ目的や方法は異なりますが、いずれも人間の力ではなく霊的な力によって患者を癒すものです。
霊的な力を借りることによって、がんなどの難病を治癒するスピリチュアル・ヒーリングは、科学的な実証がないにも関わらず、日本でも少しずつ広がりみせています。
またスピリチュアル・ケアは終末期医療として重視され、末期患者などスピリチュアルな痛みを改善するために、今後ますます重要になる医療と考えられています。
スピリチュアルな医療は身体的な健康だけではなく、精神面や霊的側面から人間を支えるホリスティック医学として、今後さらに求められていくでしょう。