栄養

ホリスティック医学の中のスピリチュアル医療は、霊的な治療において食生活や栄養補給は重要であるという前提から成っています。
食事が人間の健康維持のために重要であることはいうまでもありません。栄養補給や食生活は現代の社会問題となっている生活習慣病やメタボリックシンドロームの大きな要因と言われています。
栄養素の欠乏が人の体の自然治癒力を低下させ、病気を引き起こしやすくすることはよく知られています。しかし、心の病気にも栄養素が深く関わっていることはまだあまり知られていません。
栄養素は身体の細胞だけではなく脳の細胞へも行きわたり、脳の健康を維持しています。したがって栄養素が欠乏すると脳の細胞も異常が発生しやすくなります。脳の細胞に異常が発生するということは、心に異常が発生するということになるのです。意外なことに、こういった事実がこれまでの医学には認識されていなかったのです。
もちろん心の病気の原因は食事がすべてではありませんが、食事が心に大きな影響を与えていることは間違いないのです。
現在では徐々にこういった事実も知られるようになり、ホリスティック医学として栄養療法や食事療法が心の病気に対して行われるようになっています。
ホリスティック医学では栄養療法は単独で行うのではなく、多種類の治療方法と併行して行うことが前提とされています。スピリチュアルな医療はこの栄養療法と並行して進めることによって、身体的な病気、心の病気に関わらず、お互いに治療の手助けとなる医療なのです。